スマートフォン版へ

【メイクデビュー京都レース後コメント】ラーラクロリ、テイエムフローラ和田竜二騎手ら

  • 2019年10月12日(土) 15時25分
京都4レースのメイクデビュー京都(ダート1800m)は8番人気ラーラクロリ和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒2(不良)。3/4馬身差の2着に7番人気アスターマリンバ、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気カモンベイビーが入った。

ラーラクロリは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牝馬で、父サムライハート母ヴェルサイユパーク(母の父チチカステナンゴ)。

〜レース後のコメント〜

1着 ラーラクロリ(和田竜二騎手)
「スタートが速いのは分かっていましたし、内枠なので行きました。物見はしましたが、終始余裕がありました」

1着 ラーラクロリ(鈴木孝志調教師)
「こういう馬場より、乾いた馬場の方が良い馬です。スタートは練習から良かったです。牝馬でダート1800mを勝てたのは、今後に向けて使いやすいです」

4着 オオシマザクラ(古川吉洋騎手)
「実戦に行って動いてくれたのは良かったです。まだまだこれからの馬ですし、変わってくると思います」

7着 ザフーン(吉田隼人騎手)
「内枠でこういう馬場で、キックバックで頭を上げるところがあり、流れに乗れませんでした。それでも思ったより頑張ってくれました」


京都5レースのメイクデビュー京都(芝1600m)は、6番人気テイエムフローラ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分40秒7(不良)。2馬身差の2着に1番人気アステロイドベルト、さらに1馬身3/4差の3着に7番人気ラッキータカチャンが入った。

テイエムフローラは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牝馬で、父スクリーンヒーロー母マヤノマヤ(母の父タイキシャトル)。

〜レース後のコメント〜
1着 テイエムフローラ(和田竜二騎手)
「調教ではゲートを出なかったので、今日は出して行きました。道悪はこなしてくれましたし、手応えも良かったです。もう少し前半ついて行ければ楽になると思います」

1着 テイエムフローラ(鈴木孝志調教師)
「4レースで勝ったラーラクロリと調教で併せていて、こちらの方が動いていたので期待していました。この馬場でもよく伸びてくれました。良ならもっと切れると思います。次走は未定です」

4着 ジルジェンティ(C.ルメール騎手)
「いい競馬はできました。距離もこなしてくれました。この馬場でしたがよく頑張ってくれています」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す