スマートフォン版へ

【もみじSレース後コメント】ラウダシオン C.ルメール騎手ら

  • 2019年10月12日(土) 18時20分
京都9Rのもみじステークス(2歳オープン・芝1400m)は1番人気のラウダシオン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒1(不良)。1馬身半差の2着に2番人気ロータスランド、さらに2馬身半差の3着にワンスカイが入った。

ラウダシオンは栗東・斉藤崇史厩舎の2歳牡馬で、父リアルインパクト母アンティフォナ(母の父Songandaprayer)。通算成績は3戦2勝。

〜レース後のコメント〜

1着 ラウダシオン(C.ルメール騎手)
「2着馬の後ろで、いい競馬ができました。馬は冷静に走っていて、この馬場でもいい脚を使ってくれました。距離はもう少し長くても大丈夫だと思います」

2着 ロータスランド(福永祐一騎手)
「今日のような馬場でも上手に走ってくれています。勝った馬が強かったです」

3着 ワンスカイ(斎藤新騎手)
「馬場に脚をとられながらも伸びてくれました。良の軽い馬場なら、もっと弾けそうな雰囲気がありました」

5着 フルフラット(北村友一騎手)
「レース前から風を怖がり精神的にナイーブになっていて、ゲートの中でもソワソワして一歩目が出られませんでした。それでも最後はよく来ているだけに...」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す