スマートフォン版へ

経験と巧技で2度目の菊花賞Vを狙う蛯名

  • 2019年10月17日(木) 06時00分
 ホウオウサーベルとコンビを組む蛯名正義騎手(50)=美浦・フリー=が、01年マンハッタンカフェ以来となる2度目の菊花賞Vを狙う。1週前追い切りに続いて、16日の美浦Wでの最終追い切りにもまたがり、パートナーとのコミュニケーションは万全。「余力を残す感じで終えられた。ちょうどいい追い切りになったと思う」と好感触をつかんだ。

 おっとりした気性で折り合いに全く心配のないタイプ。春のクラシックを諦めた時点で、この菊の舞台をにらんでローテを組んできた。その思いに応えるように6月の東京、8月の新潟と条件戦を連勝。思惑通りトライアルを使わずにG1に臨むことができるようになった。

 自身は先日の調教師一次試験で残念ながら不合格となったが「ありがたいことに“もう1回ダービーに乗れるぞ”と温かい励ましの言葉を頂いた。長距離戦は駆け引きがあって面白い。プライドを持って、いい結果を出せるように頑張りたい」ときっぱり。勝てば28年連続JRA重賞Vも達成。ベテランの経験と巧技を発揮して、クラシックの栄冠をつかみ取る。(デイリースポーツ・北島稔大)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す