スマートフォン版へ

【富士Sレース後コメント】ノームコア C.ルメール騎手ら

  • 2019年10月19日(土) 18時22分
 東京11Rの富士ステークス(3歳以上GIII・芝1600m)は2番人気ノームコア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0(稍重)。半馬身差の2着に3番人気レイエンダ、さらにアタマ差の3着に4番人気レッドオルガが入った。

 ノームコアは美浦・萩原清厩舎の4歳牝馬で、父ハービンジャー母クロノロジスト(母の父クロフネ)。通算成績は10戦5勝。

〜レース後のコメント〜
1着 ノームコア(C.ルメール騎手)
「今日は外枠で休み明けだったので、前のポジションには行きたくなかったです。前の人気馬を見ながら後ろからレースを運びました。彼女も大人になってよりパワーアップして強くなりました。休み明けを走って次も大きなチャンスがあると思います」

2着 レイエンダ(C.スミヨン騎手)
「ベストの競馬はできました。マイル戦でしたし、こういう馬場でしたからペースが速くなると思って折り合い重視で乗りました。最後はしっかりと脚を使ってくれています。1800mがベストでしょう」

3着 レッドオルガ(福永祐一騎手)
「上位2頭よりもコースロスなく走れて、直線もいいタイミングで抜け出せたのですが、上位2頭が今日は強かったですね」

5着 カテドラル(A.シュタルケ騎手)
「スタートのタイミングが合いませんでしたが、それが良かったのか内にスペースが空いていてリズムよく走れました。ためられた分、最後いい脚を使ってくれました。直線で少しスムーズでないところがあり、そこがスッと行けたらさらに上位に来られたかもしれません。ただ、馬場を気にしていませんでしたし、いい走りでした」

9着 アドマイヤマーズ(M.デムーロ騎手)
「直線で左にもたれていて全然伸びませんでした。敗因はわかりません。馬場は気にしていませんでしたが、今回久々ということもあったのかもしれません。使って良くなりそうです」

(友道康夫調教師)
「馬場は問題なかったですが、終始力んで走っていました。久々もあると思います。一瞬の脚がないのでヨーイドンになると厳しいです。次走については未定です」

17着 ロジクライ(武豊騎手)
「途中から掛かり気味で外々を回らされました。休み明けの分もあったかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す