スマートフォン版へ

「ベストターンドアウト賞」 サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞

  • 2019年10月27日(日) 19時40分
本日、天皇賞(秋)(GI)のパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、"最もよく躾けられ、最も美しく手入れされた出走馬を担当する厩舎スタッフ"の努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われ、サートゥルナーリアの滝川清史調教助手が受賞した。

【受賞者】
サートゥルナーリア 滝川清史調教助手(角居勝彦厩舎)

【審査委員】
尾形充弘氏(元JRA調教師)
本村凌二氏(東京大学名誉教授、博士(文学)、2001年度JRA賞馬事文化賞受賞)

【審査基準】
I.躾(しつけ)
 1.リーダーシップ
 2.引き馬の技術
 3.馬具の適切な使用

II.美観
 1.馬の自然な美しさ
 2.馬体の手入れ
 3.人馬の装い

滝川清史調教助手のコメント
「今回の受賞は非常に光栄です。誰でも取扱いができる馬になるよう躾けるのが厩舎の方針であり、それが今回の受賞につながったと思います。ありがとうございました」

(JRA発表による)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す