スマートフォン版へ

【アルゼンチン共和国杯】ムイトオブリガード重賞初V 角田師「完璧」

  • 2019年11月04日(月) 09時00分
 「アルゼンチン共和国杯・G2」(3日、東京)

 昨年2着の雪辱を果たす会心の騎乗に、ムイトオブリガードの上で、横山典が右腕を突き上げた。

 ゲート内でうるさいところを見せていたが、スタートは無事にクリア。周囲の出方を見ながら、じわりと先行してインの3番手に収まった。角田師をして「完璧」と言わしめた好ポジションで、道中はじっと我慢。オジュウチョウサンがつくるゆったりとした流れの中で、じっくりと脚をため込んだ。迎えた直線。鞍上が懸命に右ムチを振るって馬を鼓舞すると、力強く末脚を伸ばして、重賞初Vのゴールを駆け抜けた。

 「イメージ通りでしたね」。殊勲の鞍上はニンマリだ。「1頭になるとふわふわするところがあったけど、結構、一生懸命走ってくれた」と相棒の奮闘をねぎらった。「我が強いところがあって、乗り手の指示に反抗する面があったけど、厩務員さんがうまくなだめてくれて、きょうは乗っていて楽でした」と、精神面の成長を勝因のひとつに挙げた。

 角田師は「何ともなければジャパンC(24日・東京)に向かおうと思います」と明言。「休み明けでも仕上げてきたけど、次に向けてさらに上を目指して行きたいですね」と3週間後の大舞台へ向けて、もう一段階上の仕上げを施す構えだ。7度目の重賞挑戦で手にした勲章を引っ提げ、頂上決戦に挑む。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す