スマートフォン版へ

母はGI4勝ダイワスカーレットのダイワクンナナがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2019年11月04日(月) 18時00分
 先週日曜日に東京競馬場で行われた新馬戦では、2代母にアドマイヤグルーヴがいるスカイグルーヴが見事デビュー勝ちを果たした。

 今週の新馬戦にも良血馬がデビューを予定しており、土曜日に行われるデイリー杯2歳Sでは2戦2勝のサクセッションなどが出走を予定している。そちらにも注目していきたい。

【11月10日(日) 東京芝1600m】

ダイワクンナナ(牝、父ノヴェリスト母ダイワスカーレット、美浦・国枝栄厩舎)

 アグネスタキオン産駒の母は桜花賞有馬記念などGIを4勝した名牝。伯父にダイワメジャー(皐月賞天皇賞・秋などGIを5勝)がいる。母の産駒は大物こそ出ていないが、異父姉のダイワレジェンド(4勝)、ダイワミランダ(2勝)、ダイワエトワール(現3勝)、ダイワメモリー(現3勝)がコンスタントに勝ち上がっている。

 ゲート試験は6月に合格済み。当初は7月の福島デビューを目指していたが、じっくりと牧場で乗り込んで成長を促した。再入厩後は坂路を中心に追い切りの本数を重ね、ひと追い毎に時計を詰めている。「馬格もあるし、素直な気性で扱いやすい。この血統らしくスピードの持久力がありそう」と国枝栄調教師。鞍上は北村宏司騎手を予定している。

エルメーム(牝、父ブラックタイド母エールドクラージュ、美浦・高木登厩舎)

 阪神牝馬Sなど重賞4勝を挙げたミスパンテールの異父妹。近親にはウインラディウス(重賞3勝)、ウメノファイバー(オークス)、サンデーウェル(セントライト記念)がいる。「しっかりと稽古をやれているし、水準以上に動けている。ゲートの出も練習や試験では速いし、軽い走りで芝向きだと思う。気性も前向きで距離的にはマイル前後が合いそう」と高木登調教師。同日の芝1800mと両睨みだが、どちらでも大野拓弥騎手が手綱を取る予定だ。

【11月10日(日) 東京芝1800m】

サトノワールド(牡、父キングカメハメハ母ギーニョ、美浦・国枝栄厩舎)

 2017年のセレクトセールに上場され、取引価格は9720万円。伯母にトゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯)、伯父にサイレントディール(重賞3勝)、いとこにトゥザグローリー(重賞5賞)、トゥザワールド(弥生賞)、デニムアンドルビー(重賞2勝)など一族には多くの活躍馬が並ぶ。ゲート試験は5月に合格済み。

 夏場は牧場で乗り込み、秋になってから再入厩。ダイワクンナナと同様、坂路を中心に追い切りの本数を積み重ねてきた。「もう少しピリッとしてきてほしいところがあるけど、血統的にも素質は感じる。まだまだ良くなりそうだし、しっかりとしてくれば楽しみ」と国枝栄調教師。鞍上は横山典弘騎手を予定している。

【11月9日(土) 福島芝2000m】

シーズンズギフト(牝、父エピファネイア母シーズンズベスト、美浦・黒岩陽一厩舎)

 祖母のシーズアンは英GI・チェヴァリーパークSの勝ち馬。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、10月中旬に再入厩した。先週の追い切りはウッドチップコースで古馬との併せ馬。力の要る馬場でもしっかりと動けていた。

「まだ芯が入り切っていないけど、心肺機能がいい。素直な気性で動きもいいし、初戦から楽しみにしています」と黒岩陽一調教師。鞍上は丸山元気騎手を予定している。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す