スマートフォン版へ

【JBCスプリント】菜七子が首差で涙 コパノキッキングを巧みリードも2着

  • 2019年11月05日(火) 06時00分
 「JBCスプリント・Jpn1」(4日、浦和)

 ゴール寸前で勝機がスルリとこぼれた。女性騎手として史上初の統一ダートG1制覇に挑んだ藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本=だったが、相棒のコパノキッキングを巧みにリードするも首差の2着。惜しくも快挙を逃した。デビュー4年目となる今年、国内外で活躍の場を広げてきたJRA紅一点。悔しさを糧にし、次へのステップとしてくれるに違いない。

 地鳴りのような歓声が一瞬にして悲鳴に変わった。浦和のセオリー通り、3角発進のまくりを打った藤田菜七子騎乗のコパノキッキングは、脚勢良く4角先頭へ。そのまま後続を引き離して押し切り態勢に持ち込んだ。これで決まったかと思われた刹那、外から1頭ブルドッグボスの強襲だ。わずか首差での2着。女性騎手初の統一ダートG1タイトルが、その手からスルリと逃げた。

 「とても悔しいです」。菜七子がインタビュースペースに現れた時には、もうJBCクラシックの出走馬が返し馬を終えていた。発走から40分近くたっていたが、まだ目は腫れていた。「チャンスのある馬に引き続き乗せていただいて、勝てなかったのは悔しい。そのひと言です」。普段から競走後に多くを語る性分ではない。思いを一語に凝縮させた。

 騎乗自体は完璧だった。ゲートに先入れしたが、同じく枠入り不良傾向のあるノボバカラがゲート直後で膠着(こうちゃく)したため随分待たされた。発馬後につまずいたものの、影響は軽微だった様子。「手応えは抜群。向正面過ぎからは自分からハミを取ってくれました。抑えつつ、邪魔しないように乗りました。馬の状態はすごく良かったし、ナイターでない分なのか、前走より落ち着きもありました」。インでごちゃつく先行争いをよく見て不利を避け、3番手の外にはまり込んだ。反省しようにも落ち度なし。かといってツキのせいにはしたくない-。複雑な気持ちが表情に浮かんだ。

 今年6月には騎手招待競走のウィメンジョッキーズワールドC(スウェーデン)制覇で世界女王に。10月2日にはコパノキッキングで重賞制覇(東京盃)、新潟で開催&年間リーディングを獲得するなど、休むことなく突っ走ってきた菜七子。この敗戦も決して無駄にはならない。悔しさを糧に、さらなる躍進へとつなげていく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す