スマートフォン版へ

【武蔵野S】デュープロセス 多大な上積みが見込めそう/有力馬1週前調教リポート

  • 2019年11月05日(火) 18時34分
 9日に東京競馬場で行われる武蔵野S(3歳上・GIII・ダ1600m)。有力各馬の1週前調教の模様をお届けする。

デュープロセス
 前走の16キロ増は成長分もあったが、一度使ったことで確実に素軽さは増している。今回初騎乗のルメールとの呼吸もばっちり。多大な上積みが見込めそうだ。

スウィングビート
 ウッドの調教は地味なタイプ。併せ馬で劣勢の内容が続いているが、急ピッチに乗り込まれてきて気持ちは入っており、この馬本来の気配にある。

エアアルマス
 レース7日後には坂路で1F14秒4を計測。立ち気味のつなぎで硬さの残るタイプだが、反動なく丹念に乗れるのは体質の強化を物語る。動きも機敏で本調子。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す