スマートフォン版へ

【門別競馬情報】最終夜「ダブル重賞」の一本目は馬券的妙味も大きそうな2歳牝馬の1700m重賞!実績最上位プリモジョーカーはじめ各路線から11頭が集結!「第7回ブロッサムカップH3」/地方競馬情報

  • 2019年11月07日(木) 17時00分
 あっという間に今季最終日を迎えた2019ホッカイドウ競馬・門別グランシャリオナイター。豪華「ダブル重賞」がそのラストを彩る。まずは、フィナーレを飾る古馬頂上決戦「第62回道営記念H1」の一つ前、第11競走(発走20時00分)で行われるのが2歳牝馬の1700m重賞「第7回ブロッサムカップH3/1700m外回り」だ。

 前走ダートグレード競走「エーデルワイス賞JpnIII」で3着に追い込むなど、トップ級の実績誇るミナトノヨーコの出走取消は残念も、各路線でトップクラスの成績を挙げてきた逸材たちが顔を揃えて非常に興味深い組み合わせとなった。

 実績面で最も注目されるのは、8月の牝馬重賞リリーカップH3を4角先頭から後続を引き離し、1200m(重)=1分12秒5の好時計で押し切ったプリモジョーカーか。1番人気に推された前走エーデルワイス賞JpnIIIは超Hペースの先行争いを捌いて4角先頭。強気に勝ちに行く競馬に徹したが、さすがにラストは脚が上がって失速。地元ダートでは初めての敗戦となる5着に終わった。ただし、道中息の入らない超Hペースが祟った結果であり、その着順だけで急に評価が落ちるものではない。ダートの1700mは初挑戦となるものの、3走前にJRA札幌芝1800mのオープン特別「コスモス賞」(9着)で中距離経験もあり、ここは揉まれず内の出方も見ながら運べる8枠11番も有利に働きそうだ。

 同じ8枠、12番モリデンリバーは4走前に距離を延ばして以降、素質が開花した印象。内回り1600mで2着以下を大差ちぎって初勝利を挙げると、2走前には3角からのひとマクリで2着ピュアインペリアル以下を圧倒してみせた。まだまだ伸びしろは大きそうだし、中距離への適性は今夜のメンバー中でもトップ級と感じさせるものを見せている。

 上記より内の枠に入ったエンジェルパイロは、栄冠賞4着など重賞入着が二度あり、特にテンのダッシュ力は出走馬の中でもトップクラス。ムキになって突っ走ってしまうようなイメージではないだけに、序盤ある程度、脚を溜めるようなマイペースの逃げを打てれば、重賞初Vを成し遂げるシーンもあるか。

 中距離適性なら互角以上のリヴェールブリスは、前走フローラルカップH3を取り消した影響が気にかかるものの、強豪牡馬勢に真っ向勝負でぶつかったブリーダーズゴールドジュニアカップH1(3着)の走りは大いに評価できる。全力を出し切れる状態まで戻っているようなら、上記実績馬たちを押し退けての重賞初Vも期待できるだろう。

 このほか、末脚自慢のミホスローロリスレッドカード、金沢の名手・吉原寛人騎手54キロを鞍上に起用のミリミリ、重賞フローラルカップ2着ネーロルチェンテ、すでにメンバー中最多タイの3勝を挙げているミカチャンら、伏兵陣もまさしく多士済々。絞り込むのが難しいメンバー構成だが、その分「馬券的妙味」はかなり大きい一戦だろう。

 発走は20時ちょうど。掉尾を飾る大一番「第62回道営記念H1」を前に、今季ラストの門別2歳牝馬重賞でボルテージを上げていただきたい。

(文=ひだか応援隊)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す