スマートフォン版へ

【武蔵野S】ワンダーリーデル重賞初V 亡き祖父トップガンが“後押し”

  • 2019年11月10日(日) 06時00分
 「武蔵野S・G3」(9日、東京)

 先行馬が次々と脱落していくなか、外から末脚がさく裂。中団やや後方で脚をためたワンダーリーデルが、最速タイの上がりで差し切り、初の重賞タイトルを手に入れた。

 前半3F通過は34秒7。重賞ではやや速い程度だが、人気馬が前掛かりだったことで、時計以上に前の馬には厳しい展開となった。「強かったですね。いいポジションが取れたんで、思った以上にいい感じではじけてくれた」と横山典はしてやったりの表情だ。

 「死んだ馬の一族は走る」-。マヤノトップガンが3日に老衰で死んだ。この競走で唯一、同馬の血を引く(母の父)のがこの馬だ。安田翔師は「報道を聞いたとき、真っ先に意識しました。でも、口に出したらいけない気がして…。後押ししてくれたんだろうと思います」と話した。

 「千八になったからって、駄目って感じはしない。楽しみ?そうだね」とは鞍上。しかし、ずっと1200〜1600メートルを使ってきた馬とあって、メインターゲットは来年のフェブラリーS。指揮官は、権利を得たチャンピオンズC(12月1日・中京)には「状態を見てオーナーと相談」と慎重な構えを見せている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す