スマートフォン版へ

【エリザベス女王杯】女王復権! ラッキーライラックが差し切り2年ぶりのGI制覇!/JRAレース結果

  • 2019年11月10日(日) 15時46分
 10日、京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(3歳上・牝・GI・芝2200m)は、中団でレースを進めたC.スミヨン騎手騎乗の3番人気ラッキーライラック(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で最内を突いて脚を伸ばし、大逃げから粘る7番人気クロコスミア(牝6、栗東・西浦勝一厩舎)を捕らえて、これに1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分14秒1(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気ラヴズオンリーユー(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。なお、2番人気クロノジェネシス(牝3、栗東・斉藤崇史厩舎)は5着に終わった。

 勝ったラッキーライラックは、父オルフェーヴル母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。昨年3月のチューリップ賞以降、勝ち星から遠ざかっていたが、ついにここで完全復活を果たし、2017年の阪神JFに続く2つ目のGIタイトルを獲得した。

【C.スミヨン騎手のコメント】
 自分もベストコンディションでしたし、馬の状態も非常に良かったです。
 ラッキーライラックは調教に乗った時から非常に良い馬だと思っていましたし、パドックも良かったです。ですので、レースはとても自信がありました。
 スタートがそこまで速くなく思ったより後ろのポジションになりましたが、内枠ということもあり溜めていくことにしました。直線では内ラチを突きましたが、この馬のキレる脚がなければ勝てなかったと思いますし、そういう脚を発揮してくれてよかったと思います。

エリザベス女王杯ダイジェスト>

スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す