スマートフォン版へ

【勝負の分かれ目 エリザベス女王杯】父オルフェーヴルで凱旋門賞に臨んだ名手が、2歳女王を復活させた

  • 2019年11月10日(日) 18時45分
 逃げたクロコスミアが5馬身ほどのリードを保ったまま直線に入った。

 2番手につけていたミルコ・デムーロラヴズオンリーユーが内に切れ込みながら差を詰める。少しの間、クロコスミアのほぼ真後ろにいたのだが、デムーロは右鞭を入れてラヴズオンリーユーを外に持ち出した。

 そうしてクロコスミアが動いたことにより、内埒沿いを伸びてきたクリストフ・スミヨンのラッキーライラックの前がクリアになった。前にいるクロコスミア藤岡佑介は右ステッキを入れているので、内のスペースは空いたままになっている。

 ラッキーライラックはまっすぐ走りつづけ、クロコスミアの内を突いた。

「思っていたより後ろのポジションになりました。ペースはそれほど速くなかったのですが、無理に押して行くのはよくないと思い、内で脚を溜めました。彼女(ラッキーライラック)は走りに集中していました。4コーナーで外に行くこともできたのですが、ラスト200mで内が空いていたのでそこを突きました。切れる脚があるので、突き抜けられる自信がありました」とスミヨン。

 内のラッキーライラックと外のラヴズオンリーユーが馬体を離して併せ、ともに前のクロコスミアをかわしにかかる。

 クロコスミアは、このレースで2年連続2着になっている実力馬だけあって、そう簡単には抜かせない。

 しかし、ラッキーライラックの勢いが違った。

 1完歩ごとにクロコスミアとの差を詰め、並びかけ、そしてかわした。2着に粘ったクロコスミアを1馬身1/4突き放して優勝。昨春のチューリップ賞以来、1年8カ月ぶりの勝利を挙げた。

 父オルフェーヴルに騎乗し、2年連続フォワ賞優勝、凱旋門賞2着となった名手が、冷静な手綱さばきで、見事に2歳女王を復活させた。

(文:島田明宏)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す