スマートフォン版へ

【JRA】メールドグラースが屈腱炎発症 帰国後は経過観察

  • 2019年11月10日(日) 19時40分
 10月19日に行われたコーフィールドC(GI・芝2400m)を制し、今月5日に行われたメルボルンC(GI・3200m)で6着だったメールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、左前脚の屈腱炎を発症したことがわかった。

 メールドグラースは父ルーラーシップ母グレイシアブルーその父サンデーサイレンスという血統。破竹の6連勝で前々走のコーフィールドCを制し、GI初制覇を果たした。

 現在は、治療により症状が緩和しており、帰国後は経過を観察する見込み。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す