スマートフォン版へ

武豊も感慨 阪神競馬場開設70周年式典

  • 2019年11月12日(火) 09時00分
 阪神競馬場の開設70周年(1949年12月3日開場)を祝う記念の植樹式が11日、関係者を集めて盛大に行われた。阪神馬主協会会長の木村昌三氏、JRAの後藤正幸理事長、植田克己・阪神競馬場場長が枝垂れ桜の『ヤエベニシダレ』を植樹した。

 その後に兵庫県宝塚市内のホテルで開かれた記念式典には、180人の競馬関係者が参加した。鏡開きを行った武豊・日本騎手クラブ会長は「初騎乗、初勝利も阪神だし、父の思い出もたくさんある競馬場。(JRA通算の)2000勝、4000勝、4100勝も阪神ですからね。これからも、のちのちに残るレースを勝っていけたらと思います」とコメント。長い歴史に感慨深げだった。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す