スマートフォン版へ

【チャンピオンズC】秋のダート王決定戦、あの馬の戴冠を期待/JRAレース展望

  • 2019年11月26日(火) 06時00分
 下半期のダート中距離の大一番はJBCクラシックからチャンピオンズC東京大賞典という流れ。しかし、JBCクラシックの勝ち馬がチャンピオンズCを制した例は過去5年なく、前身のジャパンカップダートの時代のヴァーミリアン(07年)まで遡る。地方コース含め、他場の序列が通用しにくい難易度の高いレースだ。

1.サンデーサイレンスの血

 過去5年で3着以内となった延べ15頭中、サンデーサイレンスの血を持たなかったのは、ホッコータルマエテイエムジンソクアスカノロマンのみ。また、昨年はネオユニヴァース産駒ウェスタールンドが8番人気で2着、ディープインパクト産駒アンジュデジールが9番人気で4着、15年はスズカマンボ産駒サンビスタが12番人気1着など、サンデーサイレンス系の父を持つ馬が穴で上位に食い込んできている。

2.ロスなく立ち回れるか

 15年の覇者サンビスタは馬群の内目を抜け出してきての勝利。また、そのレースで外を回して3着したサウンドトゥルーは、翌年内目をロスなく立ち回って1着した。昨年も、ウェスタールンドの2着はラチ沿いを追い込んでのもの。外を回す大味な競馬では中々通用しにくい。

3.より長い距離での実績

 アップダウンが激しいコースで道中緩みの少ないタフな展開になることから、スタミナが高いレベルで要求される。過去5年で3着以内に入った延べ15頭中、テイエムジンソクを除く14頭には以前に2000m以上のダート重賞で3着以内に入った経験があった。


 ウェスタールンドは休み明けのみやこSで3着。先着を許した2頭は道中離れた後方を追走していたことからしても、中団後ろから早めに動いて行っての3着は負けて強しの内容だった。昨年は最内をロスなく突く好騎乗もあっての2着だが、それでも上がり3F34秒4というタイムは並みの馬に出せるものではない。今年も好走を期待したい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す