スマートフォン版へ

キセキ、有馬記念2週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

  • 2019年12月04日(水) 12時55分
 凱旋門賞7着の後、有馬記念(12月22日・中山芝2500m)を目指して、栗東で調整しているキセキ(栗東・角居勝彦厩舎)。ファン投票第2回中間発表では3位に支持されており、相変わらずファンに支持され、愛されている馬。それだけに海外帰りの状態が気になるところだが、今朝4日はレースに向けた2週前追い切りを行っている。

 1回目のハローが終了した時間帯のCWコースで単走。馬の少ない時間帯に自分のリズムでキャンターで向正面へと入っていくが、その走りが軽い印象。これは良い意味ではなく、物足りないという気持ちでの表現だが、3コーナーからスピードに乗っていってもそれは同じ。

 昨年の同時期は唸るような勢いで4コーナーを回っていたが、そこまでは感じない。ただ、時計は6F84.5〜5F66.5〜4F51.6〜3F38.2〜1F12.2秒としっかり速い数字が出ている。

 個人的には馬体や走りにもっと迫力が欲しい、力感が欲しいと見てしまうが、レースまではまだ3週間ある。この中でどんどんと変化していく可能性もあるだろうし、そのあたりをしっかりと見守っていった上で、どういった評価をすべきなのか考えてみたいと思う。

(取材・文:井内利彰)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す