スマートフォン版へ

レシステンシア デビュー前から大物片鱗「すでに3歳春の牡馬並みの完成度」/トレセン発秘話

  • 2019年12月04日(水) 18時00分
 それなりに経験を積んだ“ライダー”なら、ちょっと調教にまたがっただけで、その馬がどれほどの器なのか大体わかるのだという。それが1人どころか、2人、3人と同じジャッジをするようなら…。もうその評価は“確定的”としてもいいのではないか。

 所属馬に対して「調教助手全員が一度は乗るシステム」を採用している松下厩舎で、レシステンシアはデビュー前から乗った人間すべてが“走る”と確信した馬なのだという。

「馬房から出して、ちょっと歩かせたぐらいで、もうわかった。ドッシリしていて3歳牡馬の春ぐらいの完成度。2歳の牝馬でそこまでの乗り味を持つ馬はなかなかいないよ。だから中村(厩舎所属騎手)に言ったんだ。この馬ちょっと違うから乗ってみ、って。そしたらアイツも“これは違いますね”って」

 初めてまたがった時のインパクトをこう振り返ったのは調教パートナーの内田助手だ。

 もう一人の攻め専助手である河北助手も「初めて乗った瞬間に乗り味が違った。古馬みたいにドシッとして、2歳馬らしいフラフラする面がなかったからね。どっかで重賞を勝つだろうって思ったよ」

 その言葉通りにGIIIファンタジーSを勝利。3人の感触が確かであったことを証明した。しかも前週の古馬GIIスワンSの前半3ハロン通過ラップを0秒7も上回る激流の中、堂々2番手からの押し切り。当然、ほかの先行馬は総崩れだ。ちなみに勝ち時計1分20秒7もスワンSより0秒6も速かった。

 重賞を勝つ――。それはGIIIだけにとどまらない可能性が高い。

「スピードだけでなく、パワーもあるからね。前走乗った(北村)友一は“マイルも全然問題ない”と言ってくれたし、阪神マイルもしっかりこなしてくれると思う。この相手でも楽しみだね」(河北助手)

 道中うまく息を入れながら運べれば、GI阪神JFタイトルはもちろん、その先も見えてくるかもしれない。

(栗東の坂路野郎・高岡功)

東京スポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す