スマートフォン版へ

【香港ヴァーズ】日本馬の近況 ラッキーライラック、ディアドラも芝で追い切り

  • 2019年12月04日(水) 20時09分
12月8日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1 芝2400m)に出走予定の日本馬3頭の、4日の調教状況および関係者のコメントは以下の通り。

グローリーヴェイズ(牡4歳 美浦・尾関知人厩舎)
<4日の調教状況>
矢原洋一調教助手が騎乗して、角馬場→芝コース(キャンターを1周)
尾関知人調教師のコメント>
「明日の芝での追い切りに向けて今日は芝コースを見せました。パドックでのスクーリングもできて順調です」

ディアドラ(牝5歳 栗東・橋田満厩舎)
<4日の調教状況>
O.マーフィー騎手が騎乗し、角馬場→芝コース(追い切り6ハロン)
※調教時計 84.9(6F)−51.2(4F)−22.5(2F)
<O.マーフィー騎手のコメント>
「今日は強めの追い切りを行いましたが、とても良いコンディションなので、この状態が維持できれば良いと思います」
<込山雄太調教助手のコメント>
「体調は問題ないです。この競馬場は前にも使っており経験があるのは大きいです。順調にきています」

ラッキーライラック(牝4歳 栗東・松永幹夫厩舎)
<4日の調教状況>
丸内永舟調教助手が騎乗して、角馬場から芝コース(追い切り6ハロン)
※調教時計 78.5(6F)−47.0(4F)−21.5(2F)
<丸内永舟調教助手のコメント>
「日本でも香港に到着してからも控えめに調整してきましたので、今日はしっかりと追い切りました。馬の状態も良いですし、芝も適度に弾力があって走りやすそうです」

(JRA発表のリリースより)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す