スマートフォン版へ

【阪神JF】リアアメリア絶妙仕上げ 1週前の好気配をキープ

  • 2019年12月05日(木) 06時00分
 「阪神JF・G1」(8日、阪神)

 ソフト仕上げで、心身ともに態勢は万全だ。2戦2勝のリアアメリアは栗東CWで単走。半マイル追いだったが、軽快な脚さばきで好気配を伝えた。同じくデビュー2連勝のウーマンズハートは、栗東坂路で単走。初コンビのビュイックを背に、シャープな動きを披露した。もう1頭の2戦無敗馬レシステンシアも、栗東坂路で単走。ラスト1F11秒9と弾むように伸び、好調をアピールした。

 絶妙なさじ加減で臨戦態勢を整えた。デビュー2連勝でアルテミスSを制したリアアメリアは4日、栗東CWで単走。半マイルから発進し、直線まではゆったりしたリズムを刻む。決してオーバーワークにはならないよう、直線も馬なりのままだ。ラスト1Fで少し手綱を緩めると一気にギアを上げ、4F54秒9-40秒0-12秒3でフィニッシュした。

 中内田師は「1週前にジョッキーを乗せ、しっかりめにやってもらいました。動きも良かったし、満足できる状態。今週は調整程度で、4Fだけ時計を出すイメージ。良かったと思います」と納得の表情を見せる。猿橋助手も「待つところは待ち、ハミを取るところは取っていました。動きも良かったし、楽しみです」と実戦を心待ちにした。

 新馬戦、アルテミスSは、ともにゆったりとしたスタートから豪快な差し切り勝ち。課題に見える発馬についても、指揮官は「スタートは下手ではない。作戦と思ってもらえれば」と全く不安視していない。むしろ心配するのは、少頭数での競馬しか経験がない点。「多頭数で、どういう競馬をしてくれるかが鍵」としたが、「競馬に行けば、上手に走って勝ち切ってくれるので」と力を信じて送り出す構えだ。

 前走で20キロ増と馬体は迫力を増した。「今回はレース間隔があいていないし、プラスマイナス2キロ前後で行けると思う。この中間は成長というより、上積みという感じですね」と好感触だ。鞍上は先週のチャンピオンズCクリソベリルに騎乗し、今年初のJRA・G1制覇を果たした川田。主戦の勢いも追い風に、無敗で2歳女王の座に輝く。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す