スマートフォン版へ

【朝日杯FS】栗東レポート ラウダシオン

  • 2019年12月11日(水) 17時40分
12月15日(日)に阪神競馬場で行われる第71回朝日杯フューチュリティステークス(GI)に登録しているラウダシオン(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)について、斉藤崇史調教師のコメントは以下の通り。

(デビューからの3戦を振り返って)
「牧場で見ている段階からしっかりした馬だなと思っていました。デビューする時、それよりも緩さが目立ってしまって、大丈夫かなという感じでレースに行きました。予想していた以上に良いレースができましたし、一回レースを使ってからその緩さも抜けてきて随分と馬が変わってきたという印象がありました。変わり身という意味ではすごく成長を感じます。
 (前走は)あのような馬場をこなせるかどうかも含めて未知数な面が多かったですし、1400mもどうなのかなと思っていました。折り合いがしっかりついていましたし、良いレース内容で競馬ができたのが良かったと思います」

(前走後の調整について)
「あそこで賞金をちゃんと稼げたので、間隔を取って朝日杯という目標を立ててノーザンファームしがらきへ放牧に出しました。順調に馬体が回復しましたし、予定通りここまで来られました。
 体が戻っていましたし、ピリピリしていた部分がなくなって随分と落ち着いたなという感じがあったので、それが一番良かったです。
体重的にはそんなに大きく変わらないのですが、随分筋肉量が増えてきたような感じに映ります。デビューの頃に比べるとガッシリしてきたなという印象があります」

(調教過程を振り返って)
「(1週前は)折り合い重視で終い重点というのはいつもの感じですが、直線は促してからしっかり反応できていました。最後まで体を大きく使って走れていたので、順調に来られている印象です。
 明日はジョッキーに乗ってもらうので、折り合い面と体の使い方を確認してもらう程度で、そんなにビッシリと行かなくても良いかなと思っています」

(今回のレースに向けて)
「前回なんかもだいぶ馬場が悪い中で1400mを走ってくれて、ジョッキーもこの馬場で1400mを走れるなら1600mで大丈夫じゃない?と言ってくれました。その辺りは心配せずに、期待だけを持ってレースに挑みたいです。
 新馬の時にゲートに入らなくて迷惑をかけてしまいました。小倉とこの前のもみじステークスとゲート先入れで、入るのは大丈夫だったのですが、中でソワソワしてしまいまして良くなかったので、その辺りを改善して、ちゃんとスタートを決められるように練習しています。この中間で随分と馬が落ち着いているので、その辺りもだいぶリラックスして立てるようになりました。この感じで競馬に行ければ、何とかなるのではないかという感じはします。
 もう少しピリピリする馬なのかなと思っていましたが、前回から今回にかけて随分とリラックスできるようになりましたので、大丈夫かなと思っています。
 ジョッキーは一回乗って分かっていますし、ジョッキーに任せて、その感じでやってもらえれば良いかなと思います。
 一生懸命走ってくれる馬ですし、少し促してからスピードに乗るまでに時間がかかるのかなという感じがしますが、スピードに乗り出したら良いスピードが長続きする馬だと思います。それを生かすには阪神の1600mが良い舞台だと思うので、頑張ってくれるのではないかと思います。
 阪神も走ったことがありますし、阪神の1600mでも良いレースをしてくれると思っているので、皆さん応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す