スマートフォン版へ

【有馬記念】ルメール アーモンドアイは「僕が今まで乗ってきた中で一番強い」

  • 2019年12月17日(火) 08時00分
 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 出る以上は負けられない。最強馬アーモンドアイの主戦を務めるクリストフ・ルメール騎手(40)=栗東・フリー=が、刻一刻と迫る決戦に向けて意欲を語った。近年まれに見る超豪華メンバーがそろったものの、相棒は名手をして“特別な存在”と言わしめる名牝。強敵を打ち倒し、ファン投票1位の期待に応えたいところだ。

  ◇  ◇

 -いよいよグランプリ。ルメール騎手が、初めて勝ったのはディープインパクトを倒した2005年だった。

 「私にとって、初めてのG1勝ちがハーツクライ有馬記念でした。本当にスペシャルでラッキーなレースです」

 -今年はアーモンドアイとのコンビで臨むことに。彼女はどんな存在?

 「私にとって家族になりました。私の妻、子どもたちもアーモンドアイのことが大好きです。あまり家族と競馬の話はしないのですが、彼女のことはよく話します。特別な馬だからです」

 -熱発のアクシデントでローテ変更もあったが、10日の1週前追い切りに乗った感触は。

 「状態的には良さそうですね。香港に行けなかったのは残念だけど、コンディションはいい感じ。有馬記念アーモンドアイと走れるのは、すごくうれしいです」

 -2500メートルは初めて走る距離になる。

 「府中の2400メートルを楽に勝っているし、スタミナもあって、レコードタイムで勝っていますからね。大丈夫でしょう」

 -中山の舞台は。

 「アーモンドアイは初めてだけど、乗りやすい馬ですからね。ドバイも初めてで結果を出しました。頭のいい馬ですし、心配はしていないです。小回りコースでもいい脚を出してくれていますから」

 -心配な点を挙げるとするなら。

 「いや、この馬に乗る時には、いつも自信があります」

 -リスグラシューとの対決に注目が集まる。

 「リスグラシューもすごくいい馬ですね。それでも、アーモンドアイが一番強い馬だと思っています。スワーヴリチャードキセキなど怖い馬はいっぱいいます。それでも、僕が今まで乗ってきた中で、彼女が一番強いと思っています」

 -どんなレースを描いているか。

 「スタミナが必要なレースですが、ジャパンCでも最後まで伸びてくれたように、彼女はスタミナがあります。距離は心配ないし、枠順に関しても同様。外枠であれば向正面でポジションを上げて行けますから」

 -改めて意気込みを。

 「今年は強いメンバーがそろってますね。ファンの方々にもすごく楽しみなレースになるでしょう。その中で、自分はアーモンドアイの能力をしっかり見せてあげて勝ちたい」

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す