スマートフォン版へ

【中山大障害】シングンマイケルが父にささげるV 3連勝でJG1制した

  • 2019年12月21日(土) 15時18分
 「中山大障害・JG1」(21日、中山)

 2019年ジャンプ界の総決算は、2番人気のシングンマイケルがV。大障害初挑戦で堂々と2馬身差の快勝劇。3連勝で初のJG1ホースに輝いた。

 ディライトフルが軽快に逃げたが、これを序盤は中団に待機。徐々にポジションを上げていくと、2障害を残したところで、先頭に立っていたブライトクォーツに外から並び掛ける。最終障害をクリアして、これをかわして先頭に立つと、直線は最後の力を振り絞って末脚を伸ばした。2着に2馬身差をつけ、4分38秒9のタイムでビッグタイトルを手にした。

 普段のケイコから、付きっ切りで歩んできた金子光希騎手も初のG1制覇なら、管理する高市圭二調教師も悲願のG1制覇となった。父シングンオペラは南関東(船橋)から高市厩舎へ転厩してきたが、安楽死も覚悟の重傷を負って引退。その子が志半ばだった父の無念を晴らし、ついにビッグタイトルをささげた。

 2着に6番人気のブライトクォーツが粘り込み、3着に4番人気のメイショウダッサイが、1番人気シンキングダンサー(4着)を鼻抑えた。なお、15頭全馬が完走した。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す