スマートフォン版へ

【有馬記念】リスグラシューありがとう 矢作師万感「史上まれに見る名牝」

  • 2019年12月23日(月) 06時00分
 「有馬記念・G1」(22日、中山)

 超豪華な顔触れがそろったドリームレースを、2番人気のリスグラシューが驚異の末脚で制圧。管理する矢作芳人調教師(58)=栗東=にとってうれしい初参戦での美酒となった。アーモンドアイを直接対決で打ち倒したことにより、年度代表馬争いはがぜん有利な立場に。ラストランを最高の形で締めくくったハーツクライ産駒は、その名とともに血統を後世へつないでいく。

 一完歩ごとにライバルを突き放した最後の直線。あらがう敵などもういない。キャリア最高のパフォーマンスを、ラストランで鮮やかに披露して見せた。令和の有馬を5馬身差圧勝で締めくくったリスグラシュー。矢作師は馬だまりに戻ってきた5歳馬をじっと見つめ、よし、よしと頭をなでた。

 「先週、今週と悔いがないように併せ馬を。追い切り後にさらに進化していた。自分の見る目に間違いがなかったことがうれしい」

 体質が弱かった2、3歳時とは別馬のような勝ちっぷりだった。師は「以前は出遅れることが多かったので、鍵はスタート」と心配していたが、全くの杞憂(きゆう)に終わった。「この馬には“ありがとう”の言葉しかない。有馬記念はファン投票だし、日本人として特別な思いがある。スタッフや、牧場関係者のみんなの力があっての勝利」。特例措置で呼び寄せたレーンも含め、“チーム矢作”でつかんだ特大の勲章。「働かない調教師で…」などと謙遜しつつ、ここに至るまでの思いがよぎり、声を震わせた。

 改めてリスグラシューとはどんな馬か、と問われた指揮官は、「史上まれに見る名牝」と返した。最初で最後となったアーモンドアイとの対決も難なく制し、宝塚記念コックスプレートに続く今年3連続のG1制覇。あとは、栄えある年度代表馬に選ばれるのを待つばかりだ。「一生に一度は獲りたいと思っていた。そのチャンスが大きくなったと思います」。至高の称号を胸に、1月19日の京都で引退式を行う見込みだ。

 令和元年を「出来過ぎでした」と振り返った師は、「交通事故に遭わないように」と周囲を笑わせた。今年の中央競馬最終日となる28日には、コントレイルで挑むホープフルSが待っている。しばし歓喜に浸り、再びチーム一丸となって目標へ突き進んでいく。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す