スマートフォン版へ

母は米G1勝ち馬、フォアシュピールがC.ルメール騎手でデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2019年12月23日(月) 18時00分
 今週で今年の中央競馬が終了する。最後のGIであるホープフルSには本記事で紹介した馬も出走予定である。

 来年のクラシックを目指し今週デビューする素質馬に注目していきたい。

【12月28日(土) 中山芝2000m】

フォアシュピール(牡、父ディープインパクト母ミュージカルロマンス、美浦・手塚貴久厩舎)

 母はBCフィリー&メアスプリント(米G1、ダート7F)、プリンセスルーニーH(米G1、ダート6F)の勝ち馬。3歳上の全兄キラーコンテンツ(現4勝)、1歳上の全姉セリユーズ(現2勝)は堅実に走っている。

 ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、11月下旬に帰厩。調教ではシャドーロールを着用している。先週の追い切りではホープフルSに出走予定のワーケアと併せ、交わされてから盛り返すような動きを見せた。

「馴致の段階から色々とあった馬だけど、思っていたよりも順調に来られた。ひと追い毎に良くなっているし、動きには及第点を与えられる。気性的にはカーッとするところがあるけど、そこまで気になるほどじゃない。反応がいいし、血統的にも楽しみ」と手塚貴久調教師。

 鞍上はC.ルメール騎手を予定している。

ネイザンロード(牡、父Nathaniel母Alice Alleyne、美浦・木村哲也厩舎)

 Galileo産駒の父は英愛仏米でG1・10勝のEnableを出している。母は英2勝。3代母は英オークスを勝っている。じっくりと時間をかけて調教の本数を積み、先週の追い切りは古馬のフレッチアと併せて負荷をかけた。

「全体的に緩さがあるけど、ゴロンと見せるのは体形的なもの。古馬を相手にしても互角に動けるようになってきたし、まだまだ良くなってくると思います」と木村哲也調教師。

 鞍上は調整中だ。

【12月28日(土) 中山ダート1200m】

アルジョンブラン(牡、父ロードカナロア母アルギュロス、美浦・鹿戸雄一厩舎)

 叔父に現種牡馬のシルバーステート(5戦4勝)、近親にシックスセンス(京都記念)、デルフォイ(京都新聞杯2着)がいる。ゲート試験に合格後はノーザンファーム天栄で乗り込み、11月下旬に帰厩した。

「いいスピードがありそうだし、気持ちも勝っているタイプ。歩様に硬さがあるぶん、ダートの短い距離向きだと思う」と鹿戸雄一調教師。

ヴェリズモ(牡、父シンボリクリスエス母トリノレージョ、美浦・加藤征弘厩舎)

 伯父にサンカルロ(重賞4勝)がいる。ゲート試験に合格後は山元トレセンで乗り込み、11月中旬に帰厩した。「ひと追い毎に良くなってきた。体形的にはダートの短距離向きだと思う」と加藤征弘調教師。

フィーユレヴーズ(牝、父オルフェーヴル母シナスタジア、美浦・斎藤誠厩舎)

 1歳上の全兄ジャスティンは現3勝。近親にはBehrens(ドバイワールドC2着)がいる。「いいスピードがありそう。上もダートの短い距離で走っているし、初戦向きのタイプだと思います」と斎藤誠調教師。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す