スマートフォン版へ

ワーケア、ホープフルS厩舎情報/美浦トレセンニュース

  • 2019年12月25日(水) 19時10分
 ホープフルS(GI・中山芝2000m)の有力馬の1頭、ワーケア(牡2・美浦・手塚貴久)が、ウッドチップコースで最終追い切りを行った。ムスコローソ(牡4・2勝クラス)とフォアシュピール(牡2・新馬)の2頭を追走し、直線では内から馬なりのまま伸びてきて併入という形だった。追い切り後の手塚調教師のコメント。

「先週はビシッと追い切っていますし、今日は馬なりでの追い切りでしたが、動きは良かったです。これまでの2戦に比べて中身の濃い調教ができていて、出走態勢は整ったと思います。今回は4回コーナーを回る中山コースで、コーナーリングなどやってみなければわかりませんが、騎手の指示に従う乗りやすい馬なので大丈夫でしょう。

 右回りも初めてですが、左回りで内にモタれるところがあるので、右回りの方が良さそうです。速い時計で勝っている馬もいてメンバーは揃っていますが、競馬は時計だけではないですし、走る馬に共通した雰囲気を持っているので、ここでも十分に戦えるでしょう。有力馬を前に見ながらレースを運ぶイメージで、4コーナーあたりで上手く息を入れられればと思っています。

 デビュー前に併せ馬をしていたブルトガングも無事ならこのレースに出られるほど力がある馬だったので、あの子の分も頑張ってほしいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す