スマートフォン版へ

もっと称賛されるべき“鉄人”幸の史上最速2万回騎乗

  • 2019年12月31日(火) 15時55分
 2019年の日本競馬を振り返る上で、個人的に、もっと称賛されていいと感じる記録がある。8日に行われた阪神11R・阪神JFジェラペッシュ(牝2歳、美浦・尾関知人厩舎)で、史上最速となるJRA通算2万回騎乗を達成した幸英明騎手(43)=栗東・フリー=だ。

 デビューから25年9カ月4日、43歳10カ月27日での快挙。従来の武豊騎手(50)=栗東・フリー=が持つ記録(デビューから29年6カ月4日、47歳5カ月21日)を大幅に更新した。名手も「すごいよね」と舌を巻くほどの金字塔だが、当の幸は「豊さんは海外を拠点にされている時期もありましたから。そうじゃなければまた違っていたと思います」と冷静に受け止めていた。

 1年で平均約770回の乗り鞍を確保し、それを四半世紀は続けないと達成できない数字。ちなみに19年で騎乗数が770回を超えたジョッキーがわずか5人しかいないと言えば、そのすごさが分かってもらえるだろうか。「勝ち鞍を挙げることはもちろんですが、乗り鞍はこだわっている数字ではあります。僕がアピールできるところですからね」とキッパリ。自分の“強み”は把握している。

 昨年11月に落馬。右肘開放粉砕骨折で一時は握力が3キロまで低下したが、懸命なリハビリで今年の2月頭に復帰した。当初は全治6カ月との診断だったが、周囲のサポートと驚異的な回復力で早期復帰を実現。「今年中に達成したかったというのはありましたね」。決して順風満帆なスタートではない中で節目の記録を達成。喜びもひとしおだろう。

 年明けに丸1カ月間、戦線離脱しながら、騎乗数は全体で6位となる762回を数える。「エージェントが頑張ってくれていますから」と謙そんするが、馬主や厩舎関係者から信頼を得ている証しだ。来月12日には44歳を迎える。ベテランと呼ばれる年齢になっても、精力的に調教に汗を流す姿は変わらない。継続は力なりという言葉を、日々の自らの姿で体現している。

 今後の目標を聞くと、「2万回に行くのにも年数がかかりましたし、正直、3万回という気持ちはないですね」と、率直に胸の内を明かす。「けがをせず、1つでも多く乗って、1つでも多く勝つ。そういう気持ちは常にあります。僕は人気のない馬に乗ることも多いですが、そういう時でも、少しでも上の着順に持っていって馬券に絡めたらと思います」。言葉に自然と力がこもる。

 JRA通算2万回騎乗達成の翌週には、JRA通算1400勝も記録。レース後、検量室前には、池添謙一騎手(40)=栗東・フリー=ら後輩が出迎え、ウイナーズサークルでは高田潤騎手(39)=栗東・フリー=がプラカードを持ち、たくさんのジョッキー仲間が駆けつけて祝福した。ファンや関係者から愛される“競馬界の鉄人”。2020年も、その姿が数多く見られることを楽しみにしている。(デイリースポーツ・大西修平)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す