スマートフォン版へ

【フェアリーS】売上は63億円、前年比150%超の大幅アップ

  • 2020年01月14日(火) 12時00分
 13日、中山競馬場で行われた第36回フェアリーS(3歳・牝・GIII・芝1600m)は、先手を取った柴田大知騎手騎乗の3番人気スマイルカナ(牝3、美浦・高橋祥泰厩舎)が、直線でも後続を寄せ付けることなくゴールまで逃げ切り、中団後方から脚を伸ばした7番人気チェーンオブラブ(牝3、美浦・小笠倫弘厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。

 同レースの売り上げは63億8665万0700円で、フィリアプーラが優勝した昨年(1月2週目の3日間開催の初日となる土曜日に施行)の41億3415万7900円より増加となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す