スマートフォン版へ

【AJCC】ミッキースワロー切れ味抜群 菊沢師「雰囲気良かった」

  • 2020年01月23日(木) 06時00分
 「AJCC・G2」(26日、中山)

 2カ月半ぶりの実戦を迎えるミッキースワローは22日、調教師を背に美浦Wで単走。こちらも仕上がりの良さをアピールした。

 貫禄十分だ。ミッキースワローが美浦Wで素軽い動きを見せた。単走で5F69秒3-39秒7-12秒5を馬なりでマーク。終始、リラックスした走りで、直線では切れのある末脚を披露した。

 騎乗した菊沢師は「しまいの感触を確かめる感じでやりましたが、雰囲気は良かったです」と手応えをつかんでいる。3走前の七夕賞で重賞2勝目を飾ると、続くオールカマーで2着、福島記念で3着と好走。「近2走より馬がパンとしています」と状態の良さを強調した。

 ようやく本格化を迎えた。「成長面としては、これ以上はないところまで来ていますね」と目を細める。心身ともに弱さが解消され、たくましさを増した。今は安定して力を出せるようになっている。

 「中山の2200メートルは走り慣れていますからね」と、17年セントライト記念Vなど〈2200〉と実績を残す舞台を歓迎する。今春の最大目標は天皇賞・春(5月3日・京都)。大一番に向けて存在感を示す。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す