スマートフォン版へ

【地方競馬】M.ミシェル騎手会見・一問一答「日本の競馬はスピーディで、リズミカルで…」

  • 2020年01月25日(土) 19時00分
 地方競馬全国協会(NAR)の短期免許試験(1/24金実施)の合格を受けて、1/27(月)の川崎競馬開催初日からの騎乗を予定しているミカエル・ミシェル騎手の記者会見が、川崎競馬場にて行われた。

 40名近い報道関係者が見守る中での質疑応答では、次週から始まる騎乗への意気込みを、青い瞳を輝かせながら語った。その後行われたフォトセッションでは、多くのカメラマンに囲まれて終始笑顔。川崎競馬場のマスコット・カツマルくんとのツーショットなど、リクエストにも笑顔で様々なポーズで応えた。

――日本で騎乗をしたいと思ったきっかけを教えて下さい。
皆様、こんにちは。昨年夏にJRAで騎乗していい成績が収められ、日本での騎乗がとても気持ちの良いものでした。その体験を再現したいと思って日本に来ました。

――日本で競馬以外に体験したいことなどはありますか?
3ヶ月前から日本語を勉強していますが、言語の上達は現地でと思うので、是非上達していきたいと思っています。滞在中は、日本の文化にも沢山触れたいです。相撲や野球観戦、日本食とかにも挑戦してみたいと思います。

――(厩舎とトレーニングセンターのある)小向調教場の印象はいかがですか?
まだ見学だけで、調教への騎乗は明日の朝が初めてになります。ダート競馬の経験があまりないので、ここで体験したいと思っています。厩舎の皆さんもとても温かいですし、ここで仕事をしていくことが待ち遠しいです。

――地方競馬川崎競馬場の情報などは収集されましたか?
地方競馬の騎乗経験のあるC.ルメール騎手、ペリエ騎手達から話を聞いたり、レースはインターネットとかでチェックしていました。

――ミシェル騎手のセールスポイントを教えて下さい。
私はフランスや海外で多くの競馬場で騎乗した経験があります。色々なコース形態や馬場、天候などへの対応力があります。また、メンタルが強いと思います。

――勝負服のデザインの意味はありますか?
のこぎり歯形の形は日本独自かなと思いましたし、札幌での勝ち馬の服色もそうでしたのであやかりたいと思いました。色はフランスのトリコロールと日本の赤白をモチーフにして選びました。フランスでは服色を選ぶのは馬主なので、好きなように選べるのは日本ならではでいい経験になりました。

――山崎調教師がミシェル騎手に期待することは?今後の騎乗予定はいかがですか?
(山崎師)3月末までの騎乗期間で地方競馬の様々なコースを回って、いい経験にして欲しいと思います。まずは怪我なく、頑張ってほしいと思います。今開催初日は5Rから騎乗します。5頭を予定しています。それ以降も、最終日まで数頭ずつの予定があります。大井開催も予定があると聞いています。

――調教師とのコミュニケーションはいかがですか?
いいコミュニケーションが取れています。フィーリングも合っていますし、仕事を始めるのが楽しみです。

――日本のダートコース、サンドコースの印象はいかがですか?
ダート競馬の経験が少ないんですが、札幌では幸い勝つことができましたが、ここでも経験を積んで慣れていきたいです。

――レディースヴィクトリーラウンドに参加決定と発表されました。地方競馬の女性ジョッキーとの競馬に対する意気込みを教えて下さい。
大変嬉しく思います。同じ仕事をしている女性達と会って、戦えることがとてもいい経験になると思います。皆さんの才能に触れることができるのが楽しみです。いつも言ってるんですが、ガールズパワーです!

――日本語の勉強は進んでいますか?
「(日本語で)はい、そうです(笑)」。今回日本を去るときまでには、もっと話せるようになりたいと思います。

――日本とフランスの競馬の違いはどうですが?日本の競馬の魅力はどんなところですか?
ダート競馬はフランスにはありません。また、フランスの競馬はスタート後はゆっくり様子を見る感じですが、日本の競馬は最初から展開が速いと思います。とてもスピーディで、リズミカルで、力強い印象で、直線の追い比べが好きなんですが、それも魅力です。

――初騎乗の馬にコンタクトを取るときのやり方などありますか?
私の場合は、手を馬にかざしてにおいを確認してもらうのが挨拶です。初めての馬にレースで初めて騎乗するというのも騎手としてのスキルの一つで、どんなに気性の荒い馬でもうまくコンタクトを取っていかなければなりません。私は、どちらかというと馬とのフィーリングはいい方だと思います。

――通年の免許を取得したいと伝えられていますが、それはJRAが念頭にありますか?
もちろんJRAも考えにありますが、あらゆるオプションがあると思います。地方競馬の騎手達とお話ししましたが、皆さん仕事に誇りを持って乗られていることがわかりました。この3ヶ月の騎乗で経験を積んでから、判断していきたいと思います。

――ミシェルさんの目標としている騎手は?
引退した方ですが、キャッシュ・アスムッセン氏を尊敬しています。オリビエ・ペリエ氏も。ビデオでレースを見るととても参考になります。それに、現在のエージェントで師匠のフレデリック・スパニュさん。25年の騎乗経験から多くの教えを受けています。

――社台ファームのサポートを受けていると聞いています。経験のためにどんな馬でも数多くの馬に乗りたいですか?それとも勝てる馬を選んで勝率にこだわって乗りますか?
両方重要だと思います。経験を積むことも重要ですし、いい馬に乗る機会もいい経験になります。自分の経験では、必ずしもいい馬でなくても勝ち星を挙げてきました。どんな馬でも上手く乗る自信があります。ですから、私はどんな馬でも依頼があれば喜んで乗ります。

――ファンへのメッセージをお願いします。
皆様、応援していただきありがとうございます。早く川崎競馬場で皆様のお目に掛かりたいと思います。沢山勝ちたいです。

(取材:高橋正和、編集:netkeiba)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す