スマートフォン版へ

【根岸Sレース後コメント】モズアスコット C.ルメール騎手ら

  • 2020年02月02日(日) 18時26分
東京11Rの第34回根岸ステークス(4歳以上GIII・ダート1400m)は3番人気モズアスコット(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒7(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気コパノキッキング、さらに1馬身差の3着に9番人気スマートアヴァロンが入った。

モズアスコットは栗東・矢作芳人厩舎の6歳牡馬で、父Frankel、母India(母の父Hennessy)。通算成績は20戦6勝。

〜レース後のコメント〜
1着 モズアスコット(C.ルメール騎手)
「ゲート内で座るような感じで、スタートは遅れましたが、すぐにハミを取って楽に流れに乗れました。手応えはいつも通りでした。ダートでもよく反応して長く脚を使いました。強かったです。今日のレースぶりなら1600mのフェブラリーステークスも大丈夫でしょう」

(矢作芳人調教師)
「母方の血統や走りっぷりからダートも大丈夫と考えていました。今回は休み明けで脚元の状態も完全ではなかったので、少し心配はありました。そんな中でこの勝ち方ですから、強かったということでしょう。なかなか勝てないレースが続いていましたが、まだ終わっていないことを示すことができました。この後はフェブラリーステークスへ向かいます。その先はオーストラリアのレースを考えています」

2着 コパノキッキング(O.マーフィー騎手)
「外枠に速い馬がいて、それを見ながら走っていましたが、結果的にペースが速かったです」

3着 スマートアヴァロン(石橋脩騎手)
「自分の競馬に徹して、最後は上位2頭に迫るぐらいの脚を使ってくれました。8歳ですが決め手に衰えはないですし、このまま無事に行ってくれたらと思います」

4着 ダノンフェイス(田辺裕信騎手)
「スタートが思ったよりも良くて、楽にポジションが取れました。よく頑張っています。後は運が味方すれば、重賞を勝てるぐらいの力はあります」

5着 ワイドファラオ(福永祐一騎手)
「斤量(58kg)がこたえました。久々の1400mにも対応してくれて、直線ではおっと思うほどの手応えでした。ただ1400mだと周りが速いので、1600mの方が良さそうです」

11着 ミッキーワイルド(M.デムーロ騎手)
「良いポジションにつけられましたが、休み明けでまだ気持ちが入っていませんでした」

15着 ヨシオ(佐藤友則騎手)
「以前乗ったときよりも馬が良くなっていました。今日は前半のペースが速くなり止まってしまいました。距離は大丈夫ですので、前半にゆったり行ければと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す