スマートフォン版へ

【洛陽Sレース後コメント】ヴァルディゼール北村友一騎手ら

  • 2020年02月15日(土) 17時30分
京都11Rの洛陽ステークス(4歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は3番人気ヴァルディゼール(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒2(稍重)。1馬身差の2着に1番人気カリビアンゴールド、さらに半馬身差の3着に8番人気アストラエンブレムが入った。

ヴァルディゼールは栗東・渡辺薫彦厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア母ファーゴ(母の父ハーツクライ)。通算成績は6戦3勝。

レース後のコメント
1着 ヴァルディゼール(北村友一騎手)
「シンプルに馬が良くなっていました。勝負どころでズブくなってふわっとする所もありましたが、最後にエンジンが掛かるとしっかり伸びてくれました。気性の幼いところはまだありますが、まだ良くなると思いますし、終いに反応よく伸びるこの馬の良さを生かしていきたいです」

3着 アストラエンブレム(池添謙一騎手)
「好位から流れに乗れましたし、いい形で直線に向けました。しかし、最後はジリジリとした伸びで、もうワンパンチ欲しいところです。マイルは合っています」

4着 ブラックムーン(松山弘平騎手)
「このコースは得意ですし終いにいい脚を使っていますが、もう少し外の枠が欲しかったです」

5着 プロディガルサン(国分優作騎手)
「終いに止めてしまうところがあるので、ハミを噛むぐらいの方がいいということでした。それで肩ムチを使って怒らせるようにしたら、多少ハミを噛んでいましたが集中して走ってくれました。元々走る馬ですから、これが次につながればいいですね」

12着 サトノフェイバー(古川吉洋騎手)
「スムーズな競馬はできましたが、本調子にはもうひと息だったのかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す