スマートフォン版へ

【フェブラリーS】インティ完全復活へ上昇一途 野中師「良くなっている」

  • 2020年02月18日(火) 06時05分
 「フェブラリーS・G1」(23日、東京)

 インティは昨年、破竹の7連勝でフェブラリーSを制覇。その後は2、6、15着とリズムを崩したものの、2走前のチャンピオンズCで3着に好走し、健在ぶりをアピール。前走の東海Sでも、斤量58キロを背負いながらも3着に力走し、存在感を示した。

 完全復活までもう少し。野中師は「東海Sは番手からレースを進めたが、普通に折り合っていた。斤量面を考えても、悪い内容ではなかった」と敗戦にも納得顔。主戦の武豊も「無理に先行してバテてしまう競馬だけはしたくなかった。あの位置で競馬ができたのは収穫。勝ち切れれば良かったけれど、次につながる内容だった。戦法が1つ増えたね」と明るい表情を見せた。

 ネジを締め上げるように、大目標へ向けて体調もアップ。栗東坂路で快活な動きを見せた一週前追い切りに、指揮官は「前回はあくまでも前哨戦のつくりだったからね。予定通り、良くなっている」と力強くうなずいた。

 19年の最優秀ダート馬クリソベリルとG1・5勝馬ゴールドドリームは、世界最高賞金のサウジCへ。強敵不在のここは、実績的にも負けられないところだ。新興勢力の台頭を退け、連覇を成し遂げてみせる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す