スマートフォン版へ

【JRA】ヒューイットソン騎手が中山8Rで初勝利「ルメール騎手が許すなら…」

  • 2020年03月07日(土) 19時30分
 7日の中山8Rで6番マサハヤニース(牡5、栗東・今野貞一厩舎)が1着となり、騎乗していたライル・ヒューイットソン騎手はJRA初勝利を果たした。

 ヒューイットソン騎手は南アフリカ出身の22歳。3月7日(土)〜5月4日(祝月)の期間でJRAの短期騎手免許を初取得。4戦目での初勝利となった。明日8日は弥生賞オーソリティ(牡3、美浦・木村哲也厩舎)など、中山で7鞍に騎乗予定。

【ヒューイットソン騎手のコメント】
「日本での初勝利にとても興奮しています。初めて日本で騎乗し、日本の競馬のレベルの高さを感じました。一緒に乗っている騎手も世界で今一番競争が厳しいと思います。

 日本の競馬はモーリスで興味を持ち、昨年末の香港で日本の馬を実際に見て、それから日本で乗りたいと思うようになりました。数字の目標はありませんが、とにかく良い結果を出して、免許をくれたJRAやファンに見てもらいたいと思います。

 日本で乗ってみたい馬は、ルメールが許すならアーモンドアイに乗ってみたいです。日本の皆様が温かく迎えてくれたので、日本の生活を楽しみながら、ファンに喜んでもらえるような騎乗をしていきたいと思います」(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す