スマートフォン版へ

【中山牝馬S・豆知識】ホクトベガのフェブラリーS以来24年ぶり“天候:雪”のJRA重賞

  • 2020年03月14日(土) 17時00分
 14日、中山競馬場で行われた第38回中山牝馬S(4歳上・牝・GIII・芝1800m)は、中団でレースを進めた和田竜二騎手騎乗の3番人気フェアリーポルカ(牝4、栗東・西村真幸厩舎)が、直線で外目から脚を伸ばし、先に抜け出していた14番人気リュヌルージュ(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)をゴール前で差し切って、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒2(不良)。

【豆知識】
◆1986年以降“天候:雪”のJRA重賞は1986年毎日杯(フレッシュボイス)、1996年フェブラリーS(ホクトベガ)に次ぐ3回目。小雪を含めても5回目。

◆1983年の重賞昇格以降、不良馬場の中山牝馬Sリキアイノーザンが勝った1989年以来、31年ぶり2回目。

和田竜二騎手は、中山競馬場では2005年マーチS(クーリンガー)以来15年ぶり、中山芝では2003年ダービー卿CT(ダンツジャッジ)以来17年ぶりの重賞制覇。

◆山本剛士オーナーは初の所有馬で重賞初制覇。所有馬は2頭のみで、もう1頭はJRA2勝のレジェーロ(現役)。

◆デビュー2年目の団野大成騎手は重賞初騎乗、単勝14番人気のリュヌルージュで2着。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す