スマートフォン版へ

【高松宮記念】アイラブテーラー Vでスーツばらまく!中西会長新企画ブチ上げた

  • 2020年03月27日(金) 07時00分
 「高松宮記念・G1」(29日、中京)

 決戦の日が待ち遠しい。アイラブテーラーを送り出す中西浩一オーナー(73)が26日、G1初挑戦に臨む愛馬への思いを語った。馬は「先週で仕上がっている」(河内師)ため最終追い切りを行わなかったが、ここに向けて態勢は万全。連対率100%を誇る快速娘が一発を狙っている。

 待ちに待った大舞台。オーナーである株式会社オンリーの中西浩一会長が、アイラブテーラーにエールを送った。「勝つ、負けるは時の運。でも、頑張ってほしいです」。馬主歴30年目。初めてのJRA・G1参戦へ、心躍らせている。

 アイラブと出会ったのは17年北海道サマーセールだった。購入の決め手は「インスピレーションかな(笑)」。交流G3を勝つなど活躍していたアイアンテーラー(栗東・飯田雄)が昨年5月、放牧中に事故死したこともあり、「(アイラブが)その代わりを務めるように走ってくれた」と力走一つ一つを思い起こし、目を細める。

 ビジネスウエアの製造販売を手掛ける同社らしく、G1出走を記念して勝負服カラーのネクタイとスカーフを作り、ファンへ抽選でプレゼントした。多くのファンが緑、紫縦縞を胸に添え、競馬場で応援してくれることを願っての企画だったが…今週も残念ながら無観客競馬。「当選された方が、それを自宅で締めて競馬を見る姿を想像しておきます」。愛馬へのアツい声援を信じている。

 「今回は強い馬がいっぱいいますからね。ただ、一生懸命に、一目散に走ってくれる馬なので」。一目散の結果が優勝であれば最高だろう。「そうなったらスーツをバラまきますよ!」と次なる企画をブチ上げたオーナー。週末が楽しみだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す