スマートフォン版へ

【阪神牝馬Sレース後コメント】サウンドキアラ松山弘平騎手ら

  • 2020年04月11日(土) 18時43分
阪神11Rの第63回阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1600m)は2番人気サウンドキアラ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒9(良)。1馬身半差の2着に6番人気スカーレットカラー、さらにクビ差の3着に11番人気ディメンシオンが入った。

サウンドキアラは栗東・安達昭夫厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト母サウンドバリアー(母の父アグネスデジタル)。通算成績は17戦7勝。

レース後のコメント
1着 サウンドキアラ(松山弘平騎手)
「今日も非常に強いレースをしてくれました。馬場を考えると枠も良かったです。前が残りそうだと思ったので、良いポジションで流れに乗っていけました。強いメンバーでしたが、その中でも前が開いてからしっかり抜けて、強い競馬でした。ここ阪神でもしっかりと結果を出してくれたのは大きいです。東京に行っても良い結果を出せると思いますし、無事に行ってくれればいいですね。これからも精一杯良いレースを見せられればと思います」

(安達昭夫調教師)
「メンバーが強かったですし、阪神では惜しいところで負けていたので、勝てて良かったです。本当に強い馬です。ここ3走で終いがしっかりしてきました。それまでは、いつもやめてしまうところがあったので、しっかり走れてきました。内面的なものがしっかりしてきたと思います。今後は1週間から10日くらい放牧に出したいと思います。ヴィクトリアマイルを目標に頑張りたいです。去年は惜しい思いをしたので、頑張ります」

2着 スカーレットカラー(岩田康誠騎手)
「馬が良くなっていました。ゲートで滑る感じがありましたが、リズムよく走ってくれました。力はあるので、次はGIに向けて良い感じで仕上がると思います」

3着 ディメンシオン(松田大作騎手)
「良い感じでしたし、最後もよく踏ん張っています。もう少しで権利が取れましたが...。残念です」

4着 ビーチサンバ(福永祐一騎手)
「マイルだと流れに乗るのに苦労しました。出して行ってポジションは取りました。直線も伸びてはくれていますが、どうしても小脚を使えるタイプではないので...。よく詰めてきてはくれているのですが。枠も内だったので、(この馬は)外を伸び伸び走らせるほうが伸びやすいとは思います。府中とか走らせるほうがいいかもしれません」

5着 ダノンファンタジー(川田将雅騎手)
「良い内容で走ってこれましたし、これで次はもうひとつ良くなってくれると思います」

10着 テーオービクトリー(太宰啓介騎手)
「スタートは前回より遅めで、思ったよりポジションが後ろになってしまいました。最後は伸びてきましたが、もう少しスムーズなら良かったです」

16着 シゲルピンクダイヤ(M.デムーロ騎手)
「気難しいです。スタートは出てくれました。そのあと良い位置を取るため出しました。最後は伸びると思いましたが、耳を絞って伸びませんでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す