スマートフォン版へ

【アンタレスSレース後コメント】ウェスタールンド藤岡佑介騎手ら

  • 2020年04月19日(日) 17時05分
阪神11Rの第25回アンタレスステークス(4歳以上GIII・ダート1800m)は3番人気ウェスタールンド(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8(稍重)。1馬身3/4差の2着に7番人気アナザートゥルース、さらにハナ差の3着に2番人気クリンチャーが入った。

ウェスタールンドは栗東・佐々木晶三厩舎の8歳セン馬で、父ネオユニヴァース母ユーアンミー(母の父Marquetry)。通算成績は30戦6勝。

レース後のコメント
1着 ウェスタールンド(藤岡佑介騎手)
「1コーナーで、先行争いが激しく見えましたし、この馬のスタイルに徹すると決めていましたから、一番後ろに控えました。このメンバーを相手に3コーナーから持ったままで、上がっていけました。自分としては、このスタイルが一番だと信じて乗っていました。今後、年齢的にもそうチャンスは多くないでしょうし、何とかここで重賞を勝ちたいと、担当の方からも聞いていましたから、貢献できて良かったです。今日の勝ち方を見れば、年齢的な心配もありませんし、魅力的なスタイルのある馬です。応援してください」

(佐々木晶三調教師)
「ラップタイムを見て、少し離されすぎかなと思いました。なかなかできる芸当ではないと思います。去勢していて長持ちするのかもしれませんね。装鞍などで余計なことをしなくなりました」

2着 アナザートゥルース(大野拓弥騎手)
「去年と違って58kgでしたが、一年を通して経験を積んできて、最後に反応するようになっていて、成長を確認しました」

3着 クリンチャー(石橋脩騎手)
「間隔は詰まっていますが、馬は良い状態でした。今日はポジションを取りたいと思っていました。勝った馬は強かったです」

4着 リワードアンヴァル(三浦皇成騎手)
「馬が良くなっています。使うごとに成長を感じます。これからがどんどん楽しみになります」

5着 コマビショウ(松若風馬騎手)
「スタートが決まって、人気馬を見ながら、良い感じで運べました。4コーナーの手応えも良く、他に先に動かれたのは痛かったですが、よく伸びてくれています。オープンでも通用する力はあります」

6着 サトノプライム(古川吉洋騎手)
「今日は、この馬としてはゲートも出ましたし、展開が向けば、これくらいはやれる馬です」

8着 ロードゴラッソ(浜中俊騎手)
「スタートから無理なくポジションを取れて、この馬なりに頑張って走っています」

10着 モズアトラクション(幸英明騎手)
「勝負どころで内に潜り込みましたが、外を回った方が良かったかもしれません」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す