スマートフォン版へ

原田和、新馬戦からの盟友プリンスリターンと恩返し誓う 2月末から栗東滞在で絆

  • 2020年05月08日(金) 06時00分
 出会いは昨夏の函館だった。松岡の計らいで、入厩したばかりの2歳馬の調教を任された原田和真騎手(26)=美浦・フリー。その馬こそが、デビューを前にしたプリンスリターンだった。松岡がオーナーと加用師に頼み、新馬戦の手綱を取った原田和。勝利という結果で期待に応えた。

 その後は、馬が栗東トレセンに戻ってからも、美浦から駆けつけて調教をつける日々。ききょうSのV、そして初の平地G1騎乗がかなった朝日杯FSで5着に奮闘するなど、信頼を得てきた。前走のアーリントンCは3着に敗れたが、鞍上は「前半競られたし、先行して残ったのはこの馬だけ。力を見せた」と前向きに話す。

 全ては相棒とNHKマイルCを制すために-。昨年10月以降は落馬の危険性が高い障害レースの騎乗を休止。さらには、2月末から栗東に滞在して絆を深めてきた。水曜の追い切りでは「直線で沈む感じだったし、前走を使った上積みを感じます。さらに力をつけている」と手応えをつかんだ。

 「先生から“馬から学ぶことが多い。ずっと乗ってきたんだから、落ち着いて乗れば、馬が応えてくれる”と言ってもらいました。結果を残して、オーナーや先生に恩返しをしたい」。出走馬18頭の中で唯一、新馬戦からコンビを組み続けてきた。パートナーを信頼して、栄冠を目指す。(デイリースポーツ・井上達也)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す