スマートフォン版へ

【ヴィクトリアM】ルメール「アーモンドアイはもうレジェンド」大楽勝で芝G1・7冠

  • 2020年05月18日(月) 07時00分
 「ヴィクトリアマイル・G1」(17日、東京)

 無観客でなかったら、府中に大歓声がとどろいたに違いない。単勝1・4倍の断トツ人気に推されたアーモンドアイが、ほぼ馬なりのままライバルを一蹴。4馬身差をつける大楽勝で、歴代の名馬と並ぶ芝G1・7勝目を挙げた。2着に4番人気のサウンドキアラ、3着には5番人気のノームコアが入った。

 ここまで力の差があるとは-。驚きを通り越してあきれ返るほどの強さだ。直線は追うところなく4馬身差。アーモンドアイが圧巻の走りで断然の1番人気に応えた。

 好発から5番手の外へ。サウンドキアラを前に見る形でレースを進めた。「ずっとマイペース。これなら負けない」とルメールはこの時点で勝利を確信。直線は馬なりのままで先頭に立ち、軽く合図を送った程度で力強く加速。鞍上が後ろを振り返りつつ、最後は流す余裕まで見せつけて1分30秒6の好時計を刻んだ。

 引き揚げてきたルメールは「素晴らしい!」と興奮冷めやらぬ表情。「いつもアーモンドアイに乗る時は自信を持って乗ります。勝つ時は感心します。きょうも感心しました。楽勝でした」と勝ちっぷりを絶賛した。

 「運のないことが続いたけど…」と振り返るのは国枝師だ。熱発による昨年末の香港遠征断念を皮切りに、有馬記念惨敗、コロナ禍によるドバイ中止…負のリズムを断てたことにホッとした表情。「スタートで立ち遅れることだけが不安だったけど、ポンと出たしね。道中は安心して見ていました」と相好を崩した。これでディープインパクトなどと並び、歴代最多タイのG1・7勝目。獲得賞金は14億663万3900円(海外を含む)に到達し、歴代7位に浮上した。

 「アーモンドアイは、もうレジェンドですね。特別な馬です」とルメール。偉大な名牝の次なるターゲットは歴代最多のG1・8勝目だ。国枝師は「次走についてはオーナーサイドと相談して」と決定を先送りしたが、ルメールは個人的な希望として「安田記念(6月7日・東京)でリベンジしたい」と発馬後の不利で3着に泣いた19年の雪辱を描いているようだ。現役最強馬がどんなローテを歩むのか。これまで以上に注目が集まる。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す