スマートフォン版へ

【平安S予想】コース実績もあるオメガパフュームに期待/JRAレース展望

  • 2020年05月23日(土) 06時05分
 1994年に創設された比較的新しい重賞競走で、5月開催となった2013年以降は、3月のマーチS、4月のアンタレスSとともに帝王賞へと向かう重要なステップレースとなっている。現在、京都競馬場の1900mコースを使用して施行される重賞競走は本レースのみ。1800m戦に比べると1角までの距離が長く、その分ペースは落ち着く傾向が見受けられる。

 今年は、長くダート界をけん引してきたチャンピオンホースたちに若き挑戦者が世代交代を突き付ける1戦となった。過去10年間で58キロ以上の斤量で出走した馬は15頭いて3勝2着2回3着3回。半数以上が馬券に絡んでおり、実力馬に有利なデータもあるが、その一方で4歳馬が4勝、5歳馬も4勝と若い馬たちが活躍する傾向もある。

 ◎オメガパフューム東京大賞典2連覇の実力馬。450キロ台の馬なので斤量面での心配は残るが、昨年のこのレースでは59キロを背負って3着したのち、帝王賞に勝った。これまでの競走キャリアで大きく崩れたのはフェブラリーSのみ。同じ京都競馬場1900mコースで行われた一昨年のJBCクラシックは2着。ここも上位争いをしてくれることを期待する。

 南関東で3勝を挙げ、JRAに再転入した○ロードレガリスは、そこから4連勝。今回が重賞初挑戦となるが、前走のアルデバランSでマッチレースの末に下した負かした馬がのちにマーチSを勝つのだから、見劣るものではない。ダート競馬に限れば地方競馬時代も含め8戦7勝とまだ底を見せていない。

 ▲スワーヴアラミスも、ダートでは12戦して4着以下なし。アルデバランSでは勝ち馬にマークされるような形になってしまったが、雪のために順延となったマーチSで重賞初勝利を記録している。これら5歳馬3頭は、それぞれが歩んできたコースは異なるが今後はよきライバルとしてダート競馬を盛り上げてほしい。

 チャンピオンズC帝王賞などGI/JpnIを5勝、他にも東京大賞典2着という△ゴールドドリームの実績には敬意を表するが、今回は海外帰りの1戦。実績は最右翼とも言えるものだが、さすがに上昇度という点では若い馬たちに一歩劣る。それでも古豪の意地を見せてほしいものだ。

 2度の長期休養があり、ここまで5戦4勝の△マグナレガーロは祖母がサクラバクシンオーの全妹という血統。過去10年間で3勝を挙げているキングカメハメハ産駒でもあり、無視はできない。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す