スマートフォン版へ

【利家盃予想】中距離ならティモシーブルーで揺るがない/NARレース展望

  • 2020年05月24日(日) 11時00分
 5月24日、金沢競馬場で第1回利家盃(2000m)が行われる。新設重賞の利家盃は4歳以上の地元馬による戦いで、6月23日に行われる地元重賞・百万石賞のトライアルにも位置付けられている。

 中心は何といってもティモシーブルーだろう。金沢の中距離界の大将格で、前走の重賞・金沢スプリングカップも完勝。距離が100m延びることで、最初のコーナーまでが長くなるぶん、レースはしやすくなりそう。地元馬同士であれば、ここは負けられないだろう。

 相手筆頭は前走でティモシーブルーの3着だったタンクティーエー。古馬重賞では初の馬券圏内となったが、3歳だった昨年はサラブレッド大賞典制覇にダービーグランプリ2着と、若手有望株と言われていただけあって、力を示した。2番手から残り600mで早め先頭に立ち、4コーナーでティモシーブルーに交わされた後も粘りに粘っての3着。ここも上位争い必至だろう。

 サノサマーは大井から移籍初戦の前走を勝利。大井ではオープン特別で5着までだったが、JRAでは5勝を挙げているだけに、移籍2戦目となるここでも期待したい。

 アイオブザタイガーは2歳時に金沢で重賞2勝。兵庫に移籍し、遠征した高知優駿では2着だった。しかし、その後は今年4月まで10カ月にわたる休養。休養明けはコンスタントに3戦をこなしているが4、4、3着と、力はあるものの体がまだ追いついていないのかもしれない。

 マルカンベルガーは金沢スプリングCであわや2、3着もあるかという勢いで差して4着。とはいえ、上がり3Fが速いわけではないので、前が早めに動いてバテたぶんもあるかもしれない。展開次第で上位に加わるかどうか。

 第1回利家盃は5月24日金沢9レース、17時15分発走予定。

(文:大恵陽子)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す