スマートフォン版へ

【地方競馬】大井で放馬事故が発生 運河に転落ののち確保、負傷者等はなし

  • 2020年06月20日(土) 17時47分
 本日20日の午前8時頃、大井競馬場所属のサルダーナ(牝6、久保田信之厩舎、以下当該馬)が調教中に放馬し、厩舎地区に隣接する防潮堤を飛び越えたのち、運河に転落。外傷を負ったものの、対岸まで泳いだところを厩舎関係者によって確保され、競馬場内に戻ったとのこと。負傷者等の発生はなかった。

 大井競馬場では、5月25日にも誘導馬による放馬事故が発生していた。

 TCK特別区競馬組合は「度重なる放馬の発生に伴い、近隣住民の方に不安を与えましたこと、深くお詫び申し上げます」「今後、本件の原因の究明と再発防止に努めてまいります」としている。

【経緯】
8:10頃
大井競馬場内で当該馬の放馬が発生。

8:15頃
当該馬は厩舎地区内を走行し、厩舎地区に隣接する防潮堤を飛び越えて護岸に降りたのち、数メートル先の京浜運河に転落。

8:30頃
対岸まで泳いだところを厩舎関係者によって確保。

(TCK特別区競馬組合のリリースより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す