スマートフォン版へ

【浦和スプリントオープン結果】断然人気ブルドッグボスが貫禄勝ち! 移籍初戦ベストマッチョ2着

  • 2020年07月01日(水) 16時58分
 1日、浦和競馬場で行われた浦和スプリントオープン(3歳上・OP・ダ1400m・1着賞金600万円)は、5番手から進め第3コーナーから進出した御神本訓史騎手騎乗の1番人気ブルドッグボス(牡8、浦和・小久保智厩舎)が直線で先頭に立ち、最後は地方移籍初戦となった2番人気ベストマッチョ(セ7、川崎・佐々木仁厩舎)との叩き合いから1/2馬身差抜け出して優勝した。勝ちタイムは1分27秒0(不良)。

 4馬身差の3着にはスマートドレイク(牡4、船橋・川島正一厩舎)が入った。3番人気レッドゲルニカ(セ7、浦和・小久保智厩舎)は5着となった。

 ブルドッグボス父ダイワメジャー母リファールカンヌその父デインヒルという血統。昨年のJBCスプリント(JpnI)優勝馬で、約1年ぶりの非重賞競走への出走となったここを単勝1.3倍の断然人気に応えて貫禄勝ちした。通算成績は41戦13勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す