スマートフォン版へ

【クイーンS予想】 帯封を運んだ人気薄を本命に大抜擢! 波乱の結末をも予測する革新的AI予想とは?/JRAレース展望

  • 2020年08月01日(土) 20時33分
 近年、野球やサッカーなどさまざまな競技でAI(人工知能)が取り入れられ、データ分析隆盛のスポーツ界。競馬も例外ではなく、Web上でも人工知能を活用したAI予想があちらこちらで見られるようになり、ひと昔前とは隔世の感すらある。

 宝塚記念の週に満を持してデビューした『Aiエスケープ』も、そのひとつ。『netkeiba』がプロデュースしたAI予想で、『netkeiba』にある膨大なデータを人工知能によって機械学習。「ペース」要素を重視し、コースや相手関係からペース、脚質を予測。そのペース、脚質から最終着順までを完全予測している。詳細はこちら

 とくに白眉だったのが先週の越後S。ハイペースを予測し、本命に7番人気スナークスターを大抜擢。単穴に9番人気のメイショウギガース、特注に8番人気プレシャスルージュを指名し、3連複を的中。見事に帯封を仕留めた。仮に1着、2着が逆なら3連単も的中し、3連単348万の配当も加え、総額450万近い配当を手にしていた計算になる。結果はこちら

 ほかにも、4日に行われた福島の未勝利戦では本命に推奨した13番人気キタノポケットが2着に激走。翌週の函館道新スポーツ杯でも1位に指名した11番人気のタガノカルラが2着に突っ込むなど、人知の及ばない予想を展開している。

 デビューから1カ月あまりが経ったが、1位馬の複勝率は50%近く、前述したような人気薄を拾えるのは、まさに『Aiエスケープ』ならでは。波乱の続く夏競馬では、ぜひとも時代の寵児の◎に注目しておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す