スマートフォン版へ

【海外競馬】種牡馬リップヴァンウィンクルが死亡、14歳 現役時代は英G1・3勝

  • 2020年08月02日(日) 19時47分
 2010年のインターナショナルSなど英G1・3勝のリップヴァンウィンクル(牡14)が2日、けい養先であるニュージーランドのウィンザーパークスタッドで死亡したことがわかった。英競馬メディア『Racing Post』などが報じた。

 リップヴァンウィンクルは父Galileo母Looking Backその父ストラヴィンスキーという血統。

 現役時代はアイルランドのA.オブライエン厩舎に所属。2009年サセックスS、クイーンエリザベスII世S、2010年インターナショナルSと英G1で3勝をあげた。主戦騎手はJ.ムルタ騎手。通算成績は14戦5勝。

 現役引退後は種牡馬入り。産駒には、オーストラリアとニュージーランドでG1を制したTe Akau Shark、ニュージーランドオークス(新G1)を制したJennifer Eccles、フェニックスS(愛G1)を制したDick Whittingtonなどがいる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す