スマートフォン版へ

【レパードS】ケンシンコウ越後を制圧 コースレコードで重賞初V「秋が楽しみ」

  • 2020年08月10日(月) 06時30分
 「レパードS・G3」(9日、新潟)

 天下統一への足掛かりだ。夏の越後での3歳馬同士による砂の決戦は、7番人気のケンシンコウが制した。前走のユニコーンSは追い込んで3着に入ったが、今回は逃げという奇襲。最内枠からスタートを決めると、闘志をむき出しにしてしまい、勢い良く先頭へ。その後はマイペースに持ち込み、直線では後続を引き離し、重賞初タイトルを手にした。

 勝ちタイムの1分49秒2は、トランセンドが持っていた記録を0秒3上回るコースレコード。ゴール前では後ろを振り返る余裕もあった丸山は、「あまり逃げたくはなかったのですが、抑え切れず手応えが良かったので…。その後はリラックスしてくれました。終わってみれば強かったですね」とパートナーをたたえた。

 もともと能力は高かったが、気性面の幼さが出世を遅らせていた。鞍上は「最近は落ち着いて臨めるようになってきたのが大きいですね。それでも直線で遊んだり、手前を変えなかったりしたところがありましたから。その分、伸びしろはありますよ」とさらなる成長を期待。小西師も「この距離で勝てたのは大きいし、脚質的に幅が出たからね。思った以上のレースをしてくれて、秋が楽しみになりました」と先を見据えた。

 次に目指すは群雄割拠の大舞台。“謙信公”は砂の覇者となるため、古馬との戦いに打って出る。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す