スマートフォン版へ

【新潟記念レース後コメント】ブラヴァス福永祐一騎手ら

  • 2020年09月06日(日) 18時40分
新潟11Rの新潟記念(3歳以上GIII・芝2000m)は2番人気ブラヴァス(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9(良)。アタマ差の2着に3番人気ジナンボー、さらにクビ差の3着に5番人気サンレイポケットが入った。

ブラヴァスは栗東・友道康夫厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ母ヴィルシーナ(母の父ディープインパクト)。通算成績は12戦5勝。

レース後のコメント
1着 ブラヴァス(福永祐一騎手)
「最後まで分からなかったのですが、引き上げてから自分の馬番が1着のところに書いてあったので、勝てて良かったです。

 五分のスタートで、思っていたよりも先手を主張する馬がいました。2,3番手につけることも頭に入れていましたが、馬の後ろで競馬がしたいと思っていましたので、良い形で3コーナーに入れました。

 手応えは良かったのですが、まだ体が前と後ろで噛み合っていない感じで、乗っていてあまり気持ちの良い感じではありませんでした。しっかりと伸びていましたので、交わして欲しいと思って乗っていました。その中で重賞を勝てたので、年齢とともにそのあたりも解消していくと思います。伸びしろがあると思いますし、楽しみです」

2着 ジナンボー(M.デムーロ騎手)
「一頭になって、フワッとしてしまいました。勝った馬などと併せていれば、もっと頑張れたかもしれません。交わされて残念です」

3着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「外枠で被されずに行けました。直線が長いのも良かったです。最後もしぶとく脚を使ってくれました」

4着 サトノガーネット(坂井瑠星騎手)
「この馬のリズムで、良い手応えでした。最後も伸びています。しかし、内の馬が外に出てくる不利がありました。そのプレッシャーがなければもっと伸びていたと思います」

5着 サトノダムゼル(岩田康誠騎手)
「素直で、走る気がすごくある馬です。どこからでも競馬ができて、反応が良かったです。一気に動ける器用さがあります。先々、大きなところを取れると思います」

6着 カデナ(鮫島克駿騎手)
「まずは直線からゴールまでこの馬の競馬ができました。前走の宝塚記念の結果を度外視する意味でも良かったです。しかし、結果が全てだと思うので、6着という結果には満足していません。トップハンデで差のない競馬ができましたが、斤量の差でしょうか。暑い日々が続いて、1キロの差が大きくなりますね」

7着 ピースワンパラディ(池添謙一騎手)
「流れに乗っていました。勝ち馬の後ろで進められました。しかし、この上がりだと、もう少し切れ味に磨きをかけないといけません。まだこれから良くなってくると思います。今後に期待したいです」

10着 ワーケア(C.ルメール騎手)
「道中はすごく良い感じでしたし、良いポジションでリラックスできました。手応えも良かったです。しかし、残念ながら直線で加速できませんでした。ずっと同じペースで、ペースアップできませんでした。どうしてか分かりません」

14着 アールスター(長岡禎仁騎手)
「ゲートを出てくれて、馬のリズム重視で行きました。上手く運べました。淡々と流れて瞬発力勝負になってしまった分、厳しくなりました。それでも最後は伸びて、頑張ってくれました。状態は良かったのですが、結果を出せませんでした」

16着 アイスバブル(戸崎圭太騎手)
「新潟のよーいドンの競馬では、分が悪いです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す