スマートフォン版へ

【神戸新聞杯 予想】不安のないコントレイル、2番手以下は混戦模様/JRAレース展望

  • 2020年09月27日(日) 12時08分
 上位3着までに菊花賞への優先出走権が与えられるトライアルレース。阪神競馬場の2400mから中京競馬場芝2200mへと舞台は変わるが、3歳馬限定の馬齢重量戦だけに紛れは少なく、過去10年で1〜3番人気馬で10勝2着6回3着5回。1番人気馬に限っても7勝2着2回と人気と結果が結びつくケースが多い。

 傾向と照らし合わせるまでもなく、皐月賞ダービーともに2着のサリオスが不在のメンバー構成になり、不敗の2冠馬◎コントレイルには逆らえない。傷んだ馬場は皐月賞で克服しているし、左回りはレコード勝ちした東京スポーツ杯、そして日本ダービーで経験した舞台。皐月賞ダービーに勝っているのだから、距離にも不安はない。2着探しのレースになりそうだが、そこは混戦模様だ。

 ○ディープボンドダービー5着馬。京都新聞杯のように渋太く脚を伸ばすこともできるし、ペース次第で先行もできる。厳しいローテーションとなったダービーでも5着と健闘しているように器用さだけではなく、底力もありそうだ。ただ、近親にローレルゲレイロがいる血統で、菊花賞よりもこちらの舞台の方に適性があるような気もする。

 狙って面白そうなのは▲ビターエンダーか。プリンシパルSの勝ち馬で、共同通信杯2着。ダービーはスタート直後につまずいて自分の競馬ができなかったが、未勝利戦を勝ったのも左回りの東京競馬場だった。マイペースで先行できれば、得意とする左回りでうるさい存在になりそうだ。

 △ヴェルトライゼンデは外枠と道悪に泣かされた皐月賞以外は崩れていない。ドリームジャーニー産駒としては馬格に恵まれており、半兄に菊花賞ワールドプレミアがいる血統。中山のコーナーリングで加速できる馬だから、中京コースに不安はない。左回りコースも前走に続いて2度目なら戸惑うこともなさそうだ。

 ラジオNIKKEI賞であっと言わせたパンサラッサ、春シーズンはスプリングS4着、京都新聞杯3着とあと一歩に泣いたファルコニアも気になるが、スローペースからの瞬発力争いに強そうな△マイラプソディは抑えておきたい。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す