スマートフォン版へ

エネイブルが引退&繁殖入り 凱旋門賞連覇 G1・11勝

  • 2020年10月13日(火) 06時30分
 17、18年凱旋門賞を連覇するなどG1・11勝を挙げた歴史的名牝エネイブル(牝6歳、英国)が引退、繁殖入りすることが決まった。12日、英国メディアの「レーシングポスト」が報じた。

 同馬は16年に英ニューキャッスル競馬場でデビュー。17年英愛オークスを連勝すると、勢い駆ってキングジョージ6世&クイーンエリザベスSや凱旋門賞を制覇した。

 以降も凱旋門賞連覇、BCターフを勝つなど活躍したが、3連覇を狙った19年凱旋門賞は2着。“キングジョージ”3勝目を挙げ、改めて挑んだ今年の凱旋門賞は6着に終わり、結果的にこれがラストランとなった。

 通算19戦15勝。ゴスデン師は「彼女は並外れたキャリアを経て、幸せな引退を果たしました」とコメントしている。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す